GoogleAppsのスタートページ(start.sigmatown.com)は、iGoogleになっている。Googleガジェットの組み合わせでホームページを作るようになっており、GoogleApps以外の一般ユーザも利用できる。そのため混乱しやすく、使いにくかった。2011年に大幅な見直しがされ、最新のGoogleAppsサイトで「スタートページ」を作成できるようになった。iGoogleがサイトに組み込まれた格好になっている。
以下は、その例である。ページの編集をしなくても自由にガジェットを追加できる特徴がある。

自分だけに表示されているガジェットを追加するには、ログインが必要です。